開発を専業とする組織における業務系スキルの空洞化が著しい。じっさい今になって営業担当者があわてている。長い不況を抜け出してやっと業務システムの開発案件が増えてきたのに、まともに上流工程をまかせられる人材がいない。小さく切り出されたモジュールを扱える人材がいても、システム全体を包括的にデザインできる人材がいない。

 なぜこんなことになってしまったのか。思い当たる理由がいくつかある。

 まず、ある時期に業務システム開発のスタイルが「猫も杓子もERPパッケージ」になったためだ。その死屍累々たる結果からかつてのような熱も冷めているが、その頃に開発者がやっていたのは「ユーザから言われたとおりにアドオンを作ること」だった。そのため、現場で業務系スキルが継承される必要がなかった。それが10年も続けば、全体をスクラッチで構想するためのスキルが空洞化するのは当然だった。

 また、スクラッチ案件があったとしても、開発実務をアウトソースするやり方が一般化したことも影響が大きかった。とにかく開発工数を大きくして、仕事をピラミッド状に割り振ることで稼働率とマージンを確保できる。その安直な旨みを一度知ったらなかなかやめられない。技術者としての適性に恵まれた新人さえ、数年でプロジェクトマネージャーという名の外注管理屋にさせられたりした。気がつけば、生産性向上の動機を失っただけでなく、じぶんたちで設計も実装もできない集団になってしまった。

 他に、Webアプリとして業務システムを開発することが一般的になったことも関係している。Webアプリの実装技術は変化が激しく、何年かに1度の割合で全面改定されたようになる。そのために技術者は、実装スキルをキャッチアップすることで忙殺されてしまう。本来であれば、5年も実装経験を積めば「実装についてはこれでじゅうぶん」と思えていいはずなのだが、Webアプリはそれを許さない。とうぜん、地味な業務系スキルの習得は後回しにされる。

 なお、「開発者側に業務系スキルが足りなくても、ユーザ企業側の要員をドメインエキスパートとして頼ればいい」と考える向きがあるかもしれないが、それは危険な勘違いだ。ユーザ企業がシステムを刷新する機会は少ない。彼らは自分たちのユーザ要件について知悉しているかもしれないが、それにもとづいて的確な帳簿組織を構想できるわけではない。開発者自身によって業務系スキルが行使されなければ、システム設計は先に進まない。それはまさにシステム開発のボトルネックである。

 言い換えると、体系化された業務系スキルというものは、本来は開発専業組織によってしか維持されない。なぜなら彼らだけが、さまざまな案件を通じて業務系スキルを更新・深化し続けられる立場にあるからだ。もし業務系スキルを供給するという役割を果たせなくなれば、彼ら自身だけでなく社会にとっても打撃である。

「小林幸子さんいないな」
「熱中症で搬送?」
「それデマだろ」
「ファンらしい人も会場にいないな」
「おいお前ら!違う!外だ!」
「外から歌声…?」

「ビ…」
「ビッグサイトが…」

「ビ ッ グ サ イ ト そ の も の が…」

「彼 女 の 衣 装 ッ!!」

科学の粋を集めたウルトラ警備隊の兵器や機械類ですが、なにかと故障しがちです。それというのもセブンの時代では、電化製品や機械製品は故障するのが当たり前だったのです。「MADE IN JAPAN」のタグ表示が本格的に付けられたのは、昭和20年代後半、対米国向け輸出品が始まりで、「MADE IN USA」よりも品質が劣ることの証明として、そう「値段の安い二流品」の証としての表示が義務付けられたのでした。テレビジョン受像機の大普及は、セブン放映の9年前、昭和33年4月、当時の皇太子殿下のご成婚がきっかけでした。そしてこの年は、テレビ型天才スター長嶋茂雄がデビューした年でもありました。

白黒受像機の量産体制に入り、ラインの歩留まりが落ち着く間もなく、時代はカラーテレビに移行します。昭和39年の東京オリンピックが初めてのカラー放送でした。そして、最初のカラーテレビ映画が「ウルトラマン」だったのです。セブンの放映された67年、テレビの普及は2000万台を超えましたが、世帯普及率では70%に満たない程度です。そう、我が国の家電産業は、まだまだ発展途上期だったのです。松下、東芝、日立の御三家が躍起になって「新3C」(カー、クーラー、カラーテレビ)生活の快適性をプレゼンテーションしている真っ最中だったのです。

今も街の商店街でがんばる個人営業の電気屋さん。たいていは、メーカーの系列店になっているはずです。これこそ、家電がよく故障していたころの名残なのです。そのころの消費者は、出張修理の円滑性をアフターサービスの柱として重要視していたのです。そうなると、自社製品の構造や修理方法を熟知したメンテナンス要員を確保することが、消費者からの信頼を得る近道となります。こうして、特定メーカー毎の系列店化が進んだのです。メーカー系列に属さない独立派は「○×テレビ商会」とか「△△無線」などといった屋号で、系列以外の商品を扱ったのです。

“兄「ミネラルウォーターって軍艦の名前っぽくね?」
弟「例えば?」
兄「仏海軍 巡洋艦ヴォルヴィック」
弟「おおw」
兄「米海軍 空母クリスタル・カイザー」
弟「ヤベェwww」
兄「だろ?w英海軍 駆逐艦コントレックス、独フリゲート艦ゲロルシュタイナー、海上自衛隊 護衛艦いろはす」”

例えば私が資金調達のための研究提案を出しても、「どうせ半導体はダメだ」と十把一絡げにして叩き落される。

「いや、フラッシュメモリやSSDはソフトとハードを連携さえて勝ってきました」

「これからも工夫と戦略次第では勝てる」

なんて言っても聞いてもらえない。理屈の問題ではなく感情の問題だからいくら論理的に説明しても無駄で「お前は生意気だ」くらいで終わります。

確かに、フラッシュメモリなど一部の強い企業以外では、日本の半導体産業では携帯電話のCPUなどに使われるシステムLSIは壊滅的な状況で、メモリも生き残ったのは東芝だけ。

ただ、負けたには負けた理由があるのです。多くの場合は、アメリカ企業など先行企業が始めた事業がうまく行きそうになると、競って参入する。しかし、先行企業を追い越せる技術も事業をまわすためのエコシステムも作れずに、最後は皆で撤退する。

そういう方々が、「これからはエネルギー(パワーエレクトロニクス)だ」なんて仰っているのを聞くと、また同じことを繰り返すんだなあ、と思ってしまいます。先行者を追い越すには、卓越した戦略なり技術なり、先行者を凌駕するほどの桁違いの資金力なり、何らかの競争優位が必要です。それもなく、何となく流行っているから参入するでは勝てっこないでしょう。

私が大学を出てから30年が経ちます。振り返ると、最初の10年では皆がダメというフラッシュメモリの立ち上げに携わりました。
事業が立ち上がり始めると、それまでは「できっこない」と言っていた人たちが手のひらを返して参入してくる。ただ、そういう流行で入ってくるような人たちは、やがて負けて撤退していきます。そして、今では「日本では半導体はダメだ」と言い出す始末。

困ったことは、そういう方々が社会のあらゆるところの意思決定に近いところに居たり意思決定者だったりして。この国ではマジョリティにならなければ、資金も得られない。これは年功序列の弊害ですね。

失敗の原因を作った人が、若い現場の人をリストラする一方、自分は失敗の責任を取らずに担当事業を変えて組織の中に生き残り、意思決定者となる。そういう人に何を言っても無駄であり、日本で研究を続けるのは無理でないかと、かなり絶望的な気分になっていました。

日本のエレキが必負の理由.「失敗の原因を作った人が、若い現場の人をリストラする一方、自分は失敗の責任を取らずに担当事業を変えて組織の中に生き残り、意思決定者となる。」なるほど.

日本の半導体やエレクトロニクスが何故負けたか。皆がやっているから始める、皆が止めたから止める。こんなことの繰り返しでは勝ってこない。事業も人生も逆張りでなきゃ。 - 竹内研究室の日記

(via kashino)
“511 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2014/08/13(水) 01:06:28.70 ID:jS4ce+k5.net
久しぶりに実家に帰って、今年21歳と19歳の甥っ子と話をしてたら、
VHSはテープそのものは見たことあるけど、使ったことがなかった。
音楽もテープやMDを知らなくて、いきなりMP3世代だった。
PCもフロッピーディスクを知らなかったり。

今年34歳の嫁は、ベータとレーザーディスクを知らなかった。

ちょっとしたカルチャーショックだったね。



518 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2014/08/13(水) 09:16:53.47 ID:tM2z1VzE.net
»511
ニコ動で
ラジカセで音楽再生しててカセットテープの片面が終わって手動でひっくり返す場面で
「何?今の動作」「なんでひっくり返した!?」ってコメントで埋め尽くされたとか



523 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2014/08/13(水) 09:54:56.54 ID:pC0Ub8vG.net
»518
昨日の夜「ガメラ」の映画をやってて、まあ映画自体は平成4年だったけど、
ウォークマンが出てきたのを小学生の息子が「あれなに?」と興味深げに
見ていたので、画面を停めて仕組みを説明したら欲しいと言っていた。
「10曲先まで飛ばしたりとかできないんだよ」と言ったら、かえってそれが
新鮮なようだった。



528 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2014/08/13(水) 10:47:09.01 ID:tM2z1VzE.net
»523
我々がピンホールカメラとか鉱石ラジオとかに好奇心がわくような
きっとそういう感覚なんだろうね
“日本の年間降水日数は100日程度(35カ国中13位)で、傘を2本以上所有する他の国ほど雨の日は多くありません。日本でこれだけ傘の所有数が多いのは、湿度が高く、一旦雨に濡れると乾きにくい気候であることや、江戸時代から庶民の間で雨傘が普及した文化的背景が影響している可能性があります。”
“「ポツポツ」レベルの雨で傘をさす男性の割合は、世界平均が5%なのに対し、日本の男性の平均は12%でした。海外の男性と比べ、日本の男性は弱い雨で傘をさし始めるようです。  また、「ポツポツ」レベルの雨で傘をさす人の割合を日本国内の都道府県に集計してランキングしたところ、最も弱い雨で傘をさす地域は東京都となりました。”